Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

谷口俊介県議のプロフや経歴!当て逃げ事件で今後の政治家の道が気になる

この記事は4分で読めます

4月の統一地方選挙でトップ当選した

兵庫県議会・自民党谷口俊介県議(41)が

 

選挙活動の期間中にスーパーの駐車場で

当て逃げし、しかも自分の弟を身代わりに

 

出頭させたとして、政治家らしからぬ行動を

起こしたとして、話題になっています

 

当時の事件を御覧になっていない方は

こちらからどうぞ↓↓↓

兵庫県議が“当て逃げ”し“別人を出頭”させた疑い(19/05/10)

このような谷口県議ですが

ここでは、谷口俊介県議について

 

谷口俊介県議の事件の内容は?

谷口俊介県議のプロフや経歴

谷口俊介県議当て逃げ事件で今後の政治家の道は?

を、調査してみました

谷口俊介県議の事件の内容は?

兵庫県議の谷口俊介氏(41)

=神戸市西区選出=が

4月の県議選の期間中に、

スーパーの駐車場で当て逃げをし、

親族が代わりに警察署に出頭していた

ことが10日、兵庫県警神戸西署

などへの取材で分かった。

同署が任意で事情を聴いている。

同署などによると、

谷口氏は4月2日午前、

同区のスーパー駐車場で車を後退させた際、

出入り口ゲートのバーに接触し、

そのまま走り去った。

バーは折れたという。

その後の調べで、車は谷口氏の所有と判明。

2日後に親族の男性が同署に出頭したが、

「運転したのは自分ではない」と話し、

谷口氏が運転していたことが分かったという。

谷口氏は平成23年4月の県議選で初当選。

今年4月の県議選では自民党公認で

3選を果たした。

引用:https://www.sankei.com/west/

news/190510/wst1905100016-n1.html

谷口俊介県議のプロフや経歴

 

名前:谷口俊介(たにぐちしゅんすけ)
生年月日:1978年03月01日
家族:妻、長女、長男との4人家族

血液型:O型

出身地:兵庫県
兵庫県議会議員(自由民主党)
自由民主党兵庫県支部連合会 青年局長

谷口俊介県議は平成8年神戸北高校を

卒業しています

 

神戸北高校は偏差値41の学校で

卒業生にはお笑い芸人の

「まるおゆうきゃん」がいます

 

丸尾ユウキャンは現在放送作家としても

活動の幅を広げています

 

そんな中、谷口俊介県議も神戸北高校

出身ならば、学校の知名度も高まっていたと

 

思いますが、今回の事件が本当ならば

非常に残念な気がします

 

そんな谷口俊介県議は高校卒業後

 

オーストラリアに留学し

平成10年にオーストラリア・クイーンズランド州立

専門学校ビジネス学科卒業され

 

平成11年にオーストラリア・ルッソ専門学校

ホテル経営学科卒業しています

 

大学への進学と言うよりも、専門職の学校に

進学したようですが

 

そもそも、なぜ、オーストラリアでの

留学並びに専門学校だったのかは

 

動機まではわかりませんでした

 

その後、衆議院議員井上喜一秘書を経験し

政治家としての道を歩むことになり

 

現在は県議選において自民党公認で

3選を果たしました

 

谷口俊介事務所は?

谷口俊介県議の事務所は

兵庫県神戸市西区高津橋597

 

 

 

谷口俊介県議の事件の場所は?

 

谷口県議が起こした事件の場所は

スーパーでの物損事故が原因でした

 

そのスーパーの場所は

〒651-2242 兵庫県神戸市西区井吹台東町1丁目1

「セリオ」のようです↓↓↓

 

谷口俊介県議当て逃げ事件で今後の政治家の道は?

 

今回の谷口俊介県議の起こした事件内容に

ついて、冷静に考えれば

他人の物を壊せば、その場で直ぐに誤れば

このような大事にならずに済んだのですが

 

しかも、自身の弟が身代わりで出頭するとなると

大きな誤解を招くのも当たり前です

 

その為市民団体から県議の当選辞退の声が

上がっています

当て逃げ県議に当選辞退を 市民団体が議長に申し入れ

 

さらに、ネットでの声は?

 

 

このように、谷口県議選挙期間中な為か

かなり動揺していて判断を間違えたようですね

 

ただ、政治家なので咄嗟の対応にも

冷静に判断するのが政治家で

 

資質が疑われても仕方がありません

 

 

とにかく今後の政治家としての道が問われ

注目されるのも間違いではないでしょうね

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。