Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

桜田義孝五輪相を更迭!経歴やネットでの反応が気になる

この記事は4分で読めます

こんにちは、

また、また桜田義孝五輪相が

問題発言を起こしましたね

 

さすがに今回の発言は、大臣ともあろう

お方の発言ではありません

 

「もっと考えて発言しろよ」と

誰しも、思うはずです

 

今回はいよいよ更迭されてしまった

桜田義孝五輪相の問題の発言について

 

調査を行います

 

桜田義孝五輪相の問題発言とは?

今回の問題となった発言はこちらの

記事で御覧ください

桜田義孝五輪担当相は10日、

東京都内で開かれた自民党の高橋比奈子衆院議員

(比例代表東北ブロック)のパーティーで

あいさつし、「(東日本大震災からの)

復興以上に大事なのは高橋さん」と述べた。

桜田氏はこの後、発言の責任を取り、

安倍晋三首相に辞表を提出した。

首相による事実上の更迭となった。

後任は五輪担当相経験者から起用する方向だ。

桜田氏は辞表提出後、

「被災者の気持ちを傷つけるような発言をして

申し訳ない」と記者団に述べた。

首相は「被災地の皆さまに深くおわび申し上げたい。

任命責任は私にある」と陳謝。

桜田氏は岩手県出身の高橋氏への支援を

呼び掛ける中で「(東日本大震災からの)

復興以上に大事なのは高橋さんなので、

よろしくどうぞお願いします」と、

復興を軽視する発言をした。

桜田氏はこの直後、記者団に真意を問われたが、

「そんなこと言ったことない。記憶にない」と

説明を避けた。

また、桜田氏はあいさつの中で、

「乾杯、いよいよできるかなと思ったときに

また一人(あいさつの)追加で、

がっかりしてるんじゃないか。私も『がっかり』

という言葉が禁句だ。

いろいろ言われちゃって、もうこりごりしている」

と語った。競泳の池江璃花子選手の

白血病公表に際し、「がっかりしている」

と発言して批判を浴びたことを指したものと

みられる。

桜田氏はこれまでも、

東日本大震災発生後に国道などが

「健全に動いていた」と事実と異なる発言を

して撤回。9日の参院内閣委員会で、

被災地である宮城県石巻市を「いしまきし」と

言い間違える答弁を繰り返すなど、

失態が続いていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000091-mai-pol

これは、まずいですね~

被災者を完全にバカにしている発言です

 

このようなことからも、とても

大臣の資質ではないことも、お分かりかと

思います。

 

やっと、辞任か~と今更感が半端ない様に

思えますが、

 

議員内では、桜田義孝五輪相は評判が良い

と以前TVで言っていたことが、記憶にあります

 

しかし、今までの発言を見ても余りにも軽率すぎる

大臣らしからぬ発言が多すぎるようですね

 

そんな桜田義孝五輪相ですが、経歴は優秀なんです

桜田義孝五輪相の経歴は

 

桜田義孝プロフィール

名前:桜田 義孝(さくらだ よしたか)
生年月日:1949年12月20日(69歳)

出身:千葉県東葛飾郡田中村正連寺
(現:千葉県柏市正連寺)

出身校:明治大学

前職:千葉県議会議員

現職:国務大臣(東京オリンピック・
パラリンピック競技大会担当)
衆議院議員
自民党千葉県連会長
千葉県第八選挙区支部長
柏市支部顧問

桜田義孝五輪相の経歴は?

千葉県柏市正連寺に生まれる
千葉県柏市立田中小学校
千葉県柏市立田中中学校
千葉県立東葛飾高等学校全日制普通科
明治大学商学部商学科の夜学卒業

1976年に桜田建設創立
柏青年会議所理事長、柏市議会議員(2期)

千葉県議会議員(1期)を経て
1996年の第41回衆議院議員総選挙に初当選した。

以後、連続当選4回

2009年の第45回衆議院議員総選挙では
落選したが、

2012年の第46回衆議院議員総選挙で当選し、
国政に復帰

2013年9月、文部科学副大臣に就任
2014年9月、額賀派を退会して無派閥となる

2017年の第48回衆議院議員総選挙で7選

2016年8月、自民党教育再生実行本部長に就任
2016年10月、二階派に入会

2018年10月2日、第4次安倍改造内閣において
国務大臣(東京オリンピック・
パラリンピック競技大会担当)として初入閣

2019年4月10日、「復興以上に大事なのが議員」
と発言した問題で、
責任をとり国務大臣を辞任の意向固める

 

経歴をみると、順調と言いますか

運の良い、政治家だったように思われます

 

そもそも、それなりに政治家として働きが無くては

地元の支援も受けれないので

実績があったんでしょうね。

今回の桜田義孝五輪相の更迭でネットの反応は?

 

・この人を大臣にした任命責任が大きいと思う。

やっと辞めてくれたと言う感じかな。

桜田さんは、平成を飛ばし、昭和の政治家のような方だった。

元号が変わる節目に変わってよかったですね。

 

国辱ものの大臣で五輪を迎えなくて済んだのは

よかったが、かわりの大臣もまた派閥間の

綱引きで決まるのだろうと思うと期待はできないな

 

・あんだけ叩かれても間抜けな発言ばかり

してるんだからこうなるのはある程度予想ついたわな
慎重さの欠片もないから仕事を任せられる感じがない
さすがにこれは安倍さんの人選ミスだろう

・最初からこの方しかいなかったのだろうか。

何か派閥なのか強引に押し込まれて仕方なくなった

様な気がしてならない

・この方のコメント、いつもこんな調子
なんの仕事してるんでしょうね?

・桜田氏は、思った事は後先考えず口にする。
つまりひと言多いタイプの典型。
バカとは言わないが、賢くはない。
また失言すると思っていた。

 

ネットでの意見も思うことは皆同じの

ようですね!

最後もやはりお粗末な桜田義孝大臣でした

 

国会議員は給料も一般のサラリーマンとは

桁が違う程の収入を得ている分けです

 

やっぱり、ちゃんとした仕事をして

当たり前だし、権力に「あぐら」を搔いて

勉強もしない議員はさっさと辞めるべきだと

思います

 

桜田義孝大臣に代わる今度の五輪相も

日本の恥になることは、極力気をつけ

そして

オリンピックが身近に迫っているので

国の発展の為に真剣に仕事をして

もらいたいですね

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。