Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

真砂勇介 二軍の成績や年棒は!経歴や中学、高校を調査

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク



こんにちは

 

ソフトバンクの柳田悠岐外野手

7日の試合で左半膜様筋腱損傷

 

(左膝裏の肉離れ)で全治3週間と診断され

ソフトバンク一番の主力の選手が登録を

抹消されました

 

その為、急遽、柳田悠岐外野手の代役に

7年目の真砂勇介外野手が昇格しました

 

柳田選手の怪我で、幸か不幸か分かりませんが

真砂選手にとっては、今こそが

活躍のチャンスです

 

最高のパフォーマンスを見せてもらいたい

ですね

 

今回はそんな真砂勇介選手を調べてみる事に

しました

真砂勇介 二軍成績や年棒は?

真砂勇介 経歴は?

真砂勇介 中学、高校は?

などを調査して行きます

 

真砂選手はU23ワールドカップの

ベストナインに、侍ジャパンから選ばれている

選手です

 

又、記事最後には真砂選手の高校時代の

プレーをしている動画やソフトバンクでの

 

活躍動画なども掲載してあるので見ていって

下さいね


スポンサーリンク



 

真砂勇介 二軍成績や年棒は?

まず、始めに真砂勇介 選手の二軍成績について

お伝えします

 

真砂選手はプロ4年目2016年には

二軍の規定打席をクリアし

 

90試合で打率.295、7本塁打、44打点、

18盗塁の成績を残しています

 

その年にメキシコで行われた、U-23

ワールドカップに4番として抜擢され

 

その大会のMVPも獲得しています

 

そして、その翌年2017年には一軍登録され

プロ初安打が本塁打となり、ブレイクすると

 

期待されていました。

 

バッターとして、遠くに飛ばす才能が

備わっていたので、当時のコーチからは

 

「右のギータやな。ミギータや」とあだ名を

つけられるほど、期待されていました

 

しかし、

一軍での初安打を放った頃から、右肩を痛めており

怪我の影響が長引き思うような結果を

残せずにいました

 

そして、現時点では2軍戦16試合に出場し、

打率.216で本塁打はまだ出ていない状況です

 

真砂勇介 年棒は?

真砂選手は、

2012年に京都府立西城陽高等学校から

 

外野手としてドラフト4位

(契約金4000万円、年俸500万円)

ソフトバンクに入団しました

 

2015、2016年には550万

2017年には600万

 

2018、2019年には620万円

契約しています

 

真砂勇介 経歴は?

真砂勇介 プロフィール

名前:真砂 勇介(まさご ゆうすけ)

出身地:京都府京都市伏見区

生年月日:1994年5月4日(24歳)

身長:185 cm
体重:87 kg

投球・打席:右投右打

ポジション:外野手

プロ入り:2012年 ドラフト4位

真砂選手は小学校4年生から野球を始め

中学校ではシニア チームに所属し

 

全国大会に出場しています

 

高校時代は一年からレギュラーを取りましたが

甲子園出場までにはなりませんでした

 

そして、2012年プロ野球ドラフトで4巡目に

ソフトバンクに指名され入団しました

 

2015年、オープン戦の途中に一軍に合流し

対外試合で初安打、初打点を記録するも

 

すぐに、二軍に戻ります

 

2016年には、第1回WBSC U-23ワールドカップ

では、日本代表の4番打者としてチームの優勝に貢献

し、MVPに選出されます

 

2017年7月26日、一軍選手登録され

8月3日に行われた対オリックス・バファローズで

 

ソロホームランを放ち、

プロ初安打・初打点・初本塁打を飾ります

 

その後、一軍公式戦に9試合に出場しましたが、
右肩の違和感で8月16日に一軍出場選手登録を抹消

されます

 

50メートル走6秒1、遠投105メートル
背筋力220キログラムと言う

「全身がばねのような」
身体能力の高い選手でした

スポンサーリンク


真砂勇介 中学、高校は?

 

真砂選手の中学校は

宇治市立槇島中学校に通っていました

 

中学時代は京都木津川シニアで硬式野球をやり

このシニアチームは関西では有名なクラブチームで

 

全国大会や世界大会に出場するほどの実績があります

 

又プロ野球選手もこのクラブチームから

出ていますよ

 

飯田雅司(ロッテ)東辰弥(阪神)

三上真司(ヤクルト)覚前昌也(近鉄)

駒居鉄平(日ハム)今江敏晃(ロッテ)

内海哲也(巨人)加登脇卓真(巨人)

舛田慎太郎(楽天)

 

スゴイですね、こんなに多くの

プロ野球選手がいたとは驚きです

 

そして、真砂選手の高校は

京都府立西城陽高校です

 

こちらの高校は公立高校で

スポーツの専攻コースもあります

 

おそらく真砂選手はこの専攻コースに

入っていたのではないでしょうか

 

この高校はどの部活もレベルも高く

主な大会でも実績を残しています

 

野球部も甲子園出場経験がありますが

真砂選手はあいにく甲子園の夢は

果たせませんでした

 

当時の真砂選手がドラフト指名されたときの

前評判はこのツイートから伺えます

 

ではここで真砂選手の高校時代の野球を

見てください

西城陽高校 真砂勇介選手①

柳田が熱視線を送る中、ホークス・真砂が大暴れ!!

まとめ

今回柳田選手の怪我により

真砂選手が4月9日一軍に登録される

ことになりました

 

プロの世界は結果がすべてと言う

厳しい環境にありますが

 

せっかくの貰ったチャンスなので

ぜひ、結果を出して、しばらく一軍に

留まってほしいですね

 

今後の活躍に期待してます

 

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。